マインドフルネス【瞑想とは】

瞑想

今回は「瞑想」をやるべき理由を紹介したいと思います。

瞑想とは、心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

僕自身、まだ初めて2週間程度しか経っていません。

ですが、今では瞑想をせずに1日を終えることはあり得ないと思うレベルまで来ています。

そんな「瞑想」をもっと色んな人たちに知ってもらいたいと思い記事にしました。


結論

  • 睡眠の質が上がった
  • 夜の寝付きが良くなった
  • 脳がリセットされる
  • 心身共にリラックス出来る

*あくまで個人の感想です。同じ様な効果が得られるかどうかは個人差があります。

本当は、就寝前と起床時にするのがベストな様です。

だいたい10分~20分程度でいいといわれていますので、時間も掛かりません。

1日たった数分で、こんなに違うものなのかと驚いています。

次で詳しく解説します。


どんなやり方が正解?

難しく考える必要はありません。

目を瞑り、呼吸に意識を集中させる。

これで大丈夫です。

ゆっくりと鼻で息を吸い込み、ゆっくりと口から息を吐く。

身体をリラックスさせる事を意識して、全身の力を抜いていきます。

奥歯の力も抜いて、肩の力も抜いていきましょう。

そうすると、様々な「思考」が頭をよぎります。

「明日仕事に行きたくないな」

「あの人に会うの嫌だな」

「こないだのあの映画、面白かったな~」

ここで、呼吸に意識を戻しましょう。

なるべく雑念に囚われることなく呼吸に意識を集中させ続けましょう。

それを繰り返し行うことで、脳は鍛えられ、集中力のUPが期待できます。

アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学(世界屈指の医学部を有するアメリカ最難関大学の一つ)で行われた実験によると、60人を対象に行った瞑想と集中力の実験では、瞑想は集中力が高まり、その後のつまらない実験にも積極的に取り組む事が出できたそうです。

瞑想の効果は科学的にも立証されています。

GoogleやApple、IntelやFacebookなどの超有名企業でも「マインドフルネス瞑想」を取り入れています。

その結果、人間関係が向上したなど、ポジティブな事が増えたそうです。


人間関係で悩みたくないですよね

瞑想を行うのにお金は必要ではありません。

1日の内ほんの数分。寝る前の数分で構いません。

是非一度、「瞑想」体験してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました